引越し業者 キャンセル

引越しのキャンセル

引越し キャンセル料

 

急用やなにか特別な事情で、引越しがキャンセルになることはあります。
自分だけで引越しするつもりであれば特に問題ないのですが、引越し業者とすでに契約している場合は違います。

 

やはりキャンセル料が気になりますね。
引越し業者との契約をこちらの都合でキャンセルする場合、キャンセル料などはいつからかかるのでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては、国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
これにより引越し業者は勝手にキャンセル料について設定できません。
守らなければならない規則なのです。

 

要約すると、以下の通りです。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・この他に、すでに実施したり着手したサービスについては費用を請求できる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということ。

 

案外、お客に優しい法律ですね。
しかしトラブルを避けるためにも、念の為引越し業者と交わした契約書でキャンセルした場合の内容も確認しておいてくださいね。

 

しかし最初からキャンセルするつもりで契約する方はいないと思いますが、自分の方に事情ができてキャンセルせざる得ない場合は早めに引越し業者に連絡して解約手続きを行ってくださいね。

 

引越し業者からすればギリギリにキャンセルされるとやはり困ります。
せめて次の契約者が見つかるくらいの余裕が欲しいはずですから、できるだけ早めにお知らせくださいね。