引越し業者 ランキング 東京

引越し業者のランキングを東京でみてみよう!

引越し業者 東京

引越し 価格 東京

引っ越し 業者 東京

引越し 相場 東京 ランキング

引越し業者 ランキング 東京

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。

 

でも、電話帳やインターネットで調べると東京だけでも100件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も東京で簡単に見つけることができます。

 

サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの大まかな手順を知っておきましょう。

 

引越し 手順

 

引越しにはすることが多いので、先におおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者ですが、見積もりは新居が決まってからが良いかと思います。
なぜなら引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わるからです。

 

つまり、新居が決まらないと正確な見積もりが出せないのです。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わりますから、荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要です。
その分、引越し費用が高くなるのです。
ですから不用品は引越しの前にどんどん処分して、できるだけ荷物を減らして使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。
転出届は引越しの2週間前から提出することができます。

 

うっかりして出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかるようになります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらえるように手配しましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話にて連絡をどうぞ。

 

もし同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してください。
引越し初日に電気がつかない、シャワーのお湯が出ないなどということは避けたいですね。

 

引越ししたことで郵便物が届かなくなるのは不便ですから、最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出しましょう。
これで1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具・家電の配置をスタッフに指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと何度も聞く手間がないので便利です。

 

貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更手続きを。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになりますから、忘れないうちに行ってください

 

 

引越し料金を安くする方法

 

引越し 費用 安く

 

引越し費用はできれば安い方が嬉しいですね。
引越し業者一括見積もりをすれば、相場はもちろん一番安い引越し業者を見つけることもできます。

 

しかしもっと引越し費用を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に引越し条件を変えてみませんか?
出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができますよ。

 

まず3月の引越しは避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることが出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用が安くなりません。
狙い目は平日です。平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しなら、午後引越しの方が費用が安くなります。
みなさん朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいと思いますから午後は人気がないのです。

 

それに午後引越しは予定よりも遅れることもあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。
その分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

家の中に使えなくなった家電や壊れた家具はありませんか?
引越しはそれらを処分する大チャンスです。

 

勿体ない、まだまだ使えると思わずに思い切っていらない家具を断捨離しましょう。
家具を運ぶと引越し費用がかさむかもしれないのに、新居に運んでから結局いらないから捨てようとなるのは金銭的にも時間的にも勿体ないです。

 

残念ながら粗大ごみはいつでも好きなタイミングで出すことが出来るものではありません。
お住いの市区町村によって回収方法は違います。

 

自治体によって名称は異なりますが、クリーンセンターやリサイクルセンターなどに連絡をして引き取りに来てもらう日を予約し、コンビニで粗大ごみシールを手数量ぶん買ってシールを貼ります。
あとは約束の場所に時間以内に置いておけば引き取りに来てくれます。

 

もしくは予約をして、自分でリサイクルセンターに持ち込む方法です。
こちらは自分で持っていくわけですから、粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

詳細はお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

注意すべきことですが、、エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法により粗大ごみ扱いではありません。家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

 

東京の引越し業者はどこがいい?

引越し業者って驚くほどたくさんあります。どこがいいのかわからず、実に困ります。

 

テレビで見るような大手の引越し業者がいいのか、それとも地域の引越し業者がいいのか迷いますね。
それぞれに良いところがあるのをご存知ですか?

 

・大手の引越し業者の良いところは、社員教育がされていて仕事が丁寧。
・地域の引越し業者の良いところは、料金が安くなりやすいこと。

 

「大手の引越し業者にお願いすればいいじゃない!」と思うでしょうが、いかんせん大手は料金が高めになる傾向があります。
やはり料金やサービス・保障などを比較して総合的に判断しましょう。

 

引越し料金が、どのくらいの差があるかは見積もりしてみないとわかりません。
まずは、一括見積もりで幅広く見積もりを取ってみましょう!

 

 

=>引っ越し料金の確認はこちら

 

 

 

大家さんへの連絡

 

今現在住んでいるアパートやマンションの大家さんに連絡して、賃貸借契約の解約予告を行わなければなりません。
解約予告には決められた期間があって、賃貸借契約書に「部屋を出る際には○ヶ月前までに申し出ること。」と記載されています。
引越しするかも・・・と予感がしたら、賃貸借契約書を確認しておきましょう。

 

解約予告期間が3ヶ月前なのに、1ヶ月前に「ここを出ます」と告げた場合、2ヶ月分の家賃を請求されることがあります。これは契約書に書かれてあることなので支払い命令を拒否することが出来ません。ご注意ください。
もし、賃貸借契約書に解約予告期間の記載がない場合は、3ヶ月前に予告することという規定があります。
いずれにせよ、早めに解約予告期間は確認しておきましょう。

 

大家さんへ解約予告をする際に、退却時の部屋の明け渡し日とカギの返却方法についても確認しておきましょう。
荷物を運び出した後、空っぽになった部屋を大家さんに確認してもらうのが一般的です。そして修繕が必要な箇所を確認してもらい、借り主が負担する修繕費を決めます。
これは敷金の返却にも関わりますので、しっかり一緒に確認しておきましょう。

 

 

駐車場を賃貸物件と別の場所に借りている場合は、そちらの解約予告も忘れずに行いましょう。うっかり忘れやすいので、要注意です。